top of page

早稲田まちづくりシンポジウム2021「生態有機都市のまちづくりー『まちづくり庭園』の構想から地域マネジメントへ」

日時:2021年5月15日(土)10-12時 セッション1 水と土がつなぐ生態有機都市のデザイン

場所:ZOOMによるオンライン開催

内容:歴史ある早稲田大学の教員の方々による早稲田まちづくりシンポジウムで、「水と土」をテーマにしたセッションに参加しました。このセッションは佐々木葉さんが企画運営されました。また資料として「土と文化と都市生態系:生命の蓄積がエコロジカル・デモクラシーを育む」を執筆しました。巨大化した「都市生態系」が「農業生態系」に工業的に介入し、「自然生態系」のみが生み出す生命と土を、都市はもちろん農業からも切り離していること、しかしパンデミックに耐える都市は、土を内包する都市生態系として構想されることを、書いてみました。セッションのディスカッションでは、さまざまな場所で生命と土の生成に必要な速度まで水や人間活動の速度を落とす方法について語り合いました。


早稲田まちづくりシンポジウム2021:https://toshiforum.com/symposium/post-462

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page